オフィシャルブログ│家の駅・姫路

オフィシャルブログ

【アズ計画・新合掌村計画】を分かり易くした「リーフレット」をご案内いたします

世直し処方箋【アズ計画・新合掌村計画】を分かり易くした「リーフレット」をご案内いたします

リーフレットはコチラ→現実的なアイデアを無償譲渡します パンフ   

【アズ計画】とは、究極の目的の社会福祉ユートピア構想【新合掌村計画】を創生させる手段として、まず経済活動拠点全国3,591AS「家の駅」相互扶助ネットワーク」を構築する為にクラウドファンディングWebサイトで支援者(AS「家の駅」開設資金提供者)とAS「家の駅」運営者を募集し実践して参ります

【アズ計画】を推進させる事で、今後25~30年掛け政治に頼らず“生活困窮者を無くし消費税減税から廃止に導き”あらゆる国難を回避する事ができる大胆かつ緻密な世直し処方箋を提案しております

・・・しかしながら、世間・各界の反応はと云うと“分って貰えず”冷酷で情け容赦のないものです。それは、世直しは政治や行政が遣るものだと云う思い込みと、政治や行政が税金を遣いまくってできない物が、お前にできる筈がないと決め付ける考え方が根底にあり、ましてや実際の“家づくり”の隠れた欠陥の事など何も知らず理解するに至らないと考えられます・・・

「アズ計画」を受け入れず拒否反応を示す最大の原因は、戦後60~70年に亘り誰一人として何の疑問も持たず続けられてきた“日本の家づくり”言い換えれば政治行政の【住宅政策】で“社会の秩序を乱し国民を疲弊させる”重大な欠陥がある事に、誰しもが 気付かず 知らなかった事にあるのです

社会の秩序を乱している最大の要因は、社会問題を提起する筈の報道機関全国の新聞社やテレビ局)が総合住宅展示場を運営する事で、日本の家つくり・住宅政策は正しいのだと擁護・肯定・助長し、常態化している社会問題を隠蔽して何ら問題はないと世間に絶大な安心感を植え続けてきた事にあります

社会の秩序を乱し国民を疲弊させてきた原因(住宅政策の重大な欠陥は、同封の新聞見開き大リーフレットや出版本「家つくりの習慣を変えた瞬間、日本は一つになる」を参照して下さい)を取り除き、是正(家つくりの習慣を変える事)して“豊かな社会福祉国家”を取り戻すのが“物の道理と自然の摂理”を基に「普遍の原理」を踏襲した「アズ計画」なのです

興味をお持ちになられましたら、家つくりをイノベーションする事を念頭に、目的と手段をまとめましたアズ計画「Webサイトの草案」をご覧になって下さい。あくまで草案ですから表現や解説の稚拙なところは本番で是正しますが、これほど緻密で濃厚な“三方良し”で商売上手な世直し処方箋は他にありません

・・・ところで、このアズ計画が日の目を見ずに、お蔵入りさせては国益を失いかねません・・・

世間・各界には分って貰えず、冷酷で情け容赦のない仕打ちを受け窮地に立たされています。

さらに「家の駅」一号店「家の駅・姫路」の存続問題が喫緊の課題になっているのです

「日本の家」モデルハウスがなくなれば世間への訴求力は著しく低下します。

お見せする物がある内に、パートナー・支援者を探し出しアズ計画事業を継承したいと考えています。

そのタイムリミットは9月末日です

幾度となく申し上げていますが、アズ計画運営に関しての利害関係者は私一人です。世間の常識から逸脱する話?かも知れませんが、イレギュラー的な譲渡事案を獲得すれば世間に名を残す事ができます

・・・各界の皆様にはこのご案内が最後となります・・・

世間の皆様には、プラカードを掲げ街頭に立ちリーフレットを配り 支援を求める 心算でいます

報道関係者の皆様/まずは「日本の家」モデルハウスを見て話を聞けば納得されます。無視せずに取材を敢行されたら如何ですか? アズ計画が世間で認知された後に、事実誤認報道では見識を疑われます

国政・地域行政に携わる政治家の皆様/国民の声を聞き届けて下さい。国民が自助努力、自衛手段を講じて自己責任で世直しをすると云っているのに、何故!耳を貸さないのか不思議でなりません!?

事業者や事業者を支援する皆様/アズ計画は、誰もが経験した事のない新事業であり新商売です。頭で考えず“馬には乗ってみよ、人には添うてみよ”ご自身の目で事実・真実を視察して見て下さい

令和維新・新時代を切り開く千載一遇のチャンスで、二番煎じはありません。逃す手はないです!

・・・誰か声を掛けて下さい・宜しくお願いいたします・・・

提案者 姫路市阿保甲845 時代おくれのスマートハウス実行委員会 代表 石田嘉生 080-5365-1107

緊急 提言 (日本再生プロジェクトAZ・アズ計画/新合掌村計画を“無償譲渡で事業継承”します)

緊急 提言 (日本再生プロジェクトAZ・アズ計画/新合掌村計画を “無償譲渡で事業継承” します) 

・・・税金を遣わずに世直しする “空前絶後” 壮大な計画です・・・

今後25~30年を掛けて生活困窮者を無くし、消費税減税から消費税廃止へ導き、人口を維持すると共に付帯成果満載で諸問題のV字回復をもたらす「新合掌村ユートピア構想」は誰も気付かぬ実践型の日本再生プロジュエクトAZ・アズ計画で“物の道理・自然の摂理”から導かれた普遍の原理に基づくものです机上の理論ではない

・・・その実践型日本再生プロジェクト・アズ計画/新合掌村計画とは・・・

★実践によって成される・それは?・・・【全国3,591AS「家の駅」相互扶助ネットワーク構想】を構築して【日本再生プロジェクトAZ・アズ計画】で全国津々浦々に【新合掌村】を建設して“経世済民”を成し遂げます。

★実際に、どうするか?・新しいモノづくり・家つくり産業構造を構築し、潜在需要を喚起し内需拡大を図り、社会経済活動を活性化させ、社会福祉を充実させ「世を良く治め、人々を苦しみから救う」“経世済民”を成し遂げる!

★ “究極の目的” は社会福祉ユートピア “新合掌村” を全国600のゴルフ場や山間部地域に創る事です

★その手段として、クラウドファンディングWebサイトで【全国3,591AS「家の駅」相互扶助ネットワーク】を構築する為に、支援者とAS「家の駅」運営者を募集します(Webサイトの草案は

http://www.gashou.co.jp/archives/1746 からダウンロードできます)

・・・孤軍奮闘すれど、世間は知らぬ存ぜぬ無関心を装う・・・

★アズ計画は時代おくれのスマートハウス実行委員会代表の私が一人で運営しております。年金生活者が研究開発しました“アズ計画・新合掌村計画”への道のりはゴール寸前で足踏みしている状態です

★昨今年金問題が話題になっている時期でもあり、国民の皆様(政治家や報道関係者、経済界など全ての人々が対象です)に審判を仰ぎたい旨の「声明文」を投稿し支援・協力を求めました・しかし、結果は無残なものです声明文はWebサイトからダウンロードできます→http://www.gashou.co.jp/archives/1767

・・・文字が多いと読まないのか?理解できないのか?分ろうとしないのか?邪魔くさいのか?忙しいのか?訳が分かりません・・・

税金を一円も使わないやり方に不満?があるのか政府や国政政党、県政・地域行政は本事案を無視し続けます。

マスメディア(新聞社、テレビ局、ジャーナリスト)は国民が福利を享受する情報にも拘らず無視し続けます。

地元姫路市の対応は縦割り行政の弊害か20の部署に情報提言しても理不尽で不条理極まりない仕打ちです。

兵庫県とて同じ事で50以上の担当部署に提言しても隠蔽体質そのものなのか“暖簾に腕押し、糠に釘”です。

経世済民は経済界・商業界の持ちネタなので随分と働きかけましたが、気に掛けて頂ける事業者は皆無です。

☆税金を遣わずに世直しする事がいけない事なのでしょうか?こんな疑問すら湧いて出ます

☆少子高齢化が進み未曾有の困難が待ち構えているというのにこのままで良いというのでしょうか

☆同封しましたアズ計画の全貌を今一度、見てやってください。実践プロジェクトで、日本を変える処方箋です

・・・縦割り社会の弊害がもろに影響している・トップの資質に委ねられた社会悪そのものだ!・・・

★未曾有の少子高齢化時代を迎えAIロボットが闊歩し秩序が乱れて社会は荒廃する!正に日本滅亡へのカウントダウンが始まろうとしている危機に直面し、一億二千五百万の人心を救える “究極の世直し処方箋を生み出した” たった一人の高齢年金生活者さえ救えず、見殺しにする日本に輝ける未来があると言えるのか?

・・・ホント、問題はごく簡単な事なのです・良いネ!と言えばいいだけです・・・

日本の真のリーダー(誰でも良いのです)がエゴや信条・プライドを捨て固定観念や常識・既成概念を払拭し“物の道理や自然の摂理”を踏襲した“実践型日本再生プロジェクト・アズ計画”の処方箋通り 試飲して、騙される人や損する人、苦しむ人が一人も生まれずに国民が豊かに暮らせる社会を構築できると分かれば、国民は自助努力して自衛手段を講じて自己責任で未来を切り開くのだから、既得権益や利権に群がる方向に三本の矢を放つのではなく、国民が一つになる一本の矢を放ち、後方支援のタクトを振れば済むだけの話なのです

・・・税金を遣って世直ししようとするから難しいのであって、国民皆運動を演出する策が大事なのです・・・

・・・良いネ!くらい言えるでしょう!と言いたい・・・

もう疲れました。究極の世直し処方箋を“無償譲渡・事業継承”しますので誰か救世主になって下さい

・・・万策尽きた感はあるのですが、最後に希望の光を求め下記の提案をさせて頂きたいと思います・・・

①一連の実践システムを運用して頂けるなら、多少の条件を出させて頂きますが無償で譲渡いたします。どの様な譲渡であれ、私は実行委員会の一員として運営が軌道に乗るまではサポートさせて頂きます。

②当システムの利害関係者は私一人ですから、雇用形態はどうあれ、御社に取り込まれたら済む話です。

③当初は、如何ほどかの支援して頂き、様子を見て、運営が軌道に乗れば買収して頂く事も可能です。

④共同事業(パートナー)と云う形でも構いません。いずれ時期が来たら、事業は継承させて頂きます。

提言者 姫路市阿保甲845  時代おくれのスマートハウス実行委員会 代表 石田嘉生 080-5365-1107

令和 新時代に向け 国民に審判を仰ぐ 声明文

令和 新時代に向け 国民に審判を仰ぐ 声明文

声明文 全文はコチラ→→→令和新時代に向け 国民に審判を仰ぐ 声明文

以下に一部分抜粋します。

声明文の意味する処/本題です

アズ計画で述べさせて頂いています内容は“経世済民”への序章にすぎません。根幹になる部分を書き出しただけで、枝葉が茂り花を咲かせ果実となり摘み取る過程は想像に余りある成果をもたらします

 特に重要!その一端、お金に関する事を申し上げますと、新合掌村(600~900カ所)が多く創られる事で、そこへの入村者(2千万人を予測)は『車社会でなくなるので、高齢者始め多くの方は運転免許証を自主返納します』『お金を必要としなくなるので年金受給資格、生活保護受給資格は自主返納します。補助金、助成金の類は必要ありません』『自然災害で家を失った被災者が着の身着の儘で生活できるようになります』・と云った具合です。政府や地域行政の歳出削減は如何ほどのものになるでしょう(政府の考えとは真逆の発想です)。根拠があっての事ですが消費税減税(消費税廃止を含め)も100%可能です

★その事を踏まえて頂きまして、政治家に求める、国民の最大の関心事でもある「社会保障福祉政策」と「景気回復経済政策」即ち、“経世済民”を成す“アズ計画”を国民の皆様(政治家や報道関係者、経済界など全ての人々が対象です)に審判を仰ぎたいと存じます。

政治家・国政政党はアズ計画を冠政策とし“経世済民を成す責務”を果たして下さい!

報道関係者の皆様は“国民が福利を享受する真実”を“報道する義務”を果たして下さい!

経世済民を担う政財界の皆様は“ボーっと生きてんじゃねーよ!”チコちゃんに叱られるぞ!

時代おくれのスマートハウス実行委員会

国民の皆様へ“提言書”(専門分野がなく一風変わった“論文”です)

国民の皆様へ“提言書”専門分野がなく一風変わった“論文”です

新しいモノづくり産業構造を構築し、潜在需要を喚起し内需拡大を図り社会経済活動を活性化させ“経世済民”を成し遂げる。 

該当する専門分野がないため生半可な方法では世の中に広められません。奇抜で破天荒な遣り方とは思いますがご理解賜ります様宜しくお願い申し上げます。

 クラウドファンディングWebサイトで支援者とAS「家の駅」運営者を募集します。

 Webサイトで支援金を募集する“究極の目的”新合掌村を全国600のゴルフ場に創る事です。支援金で開設するAS「家の駅」は新合掌村建設原資を創り出す“一つの手段”だとお考え下い。

 まだクラウドファンディングWebサイトをアップしていませんがWebサイト運営管理者を募集中す。

 クラウドファンディングWebサイトの草案ですが、下記3部構成からなっています。

アズ計画・新合掌村計画・AS「家の駅」相互扶助ネットワーク構想サイト

日本再生プロジェクトAZ・アズ 計画/新合掌村計画・解説編

1兆9,391億4,000万円争奪戦“支援者・虎の巻”アズ計画・新合掌村計画

アズ計画・新合掌村計画は“支援者あっての物種!”です。

 支援者の参画で「全国3591AS「家の駅」相互扶助ネットワーク構想」を構築して

 「日本再生プロジェクトAZ・アズ計画/新合掌村計画」“経世済民”を成し遂げます。

姫路市阿保甲845 時代おくれのスマートハウス実行委員会 代表 石田嘉生

新・投資等価交換型クラウドファンディングでAS「家の駅」事業者・支援者を募集

実行委員会では「家の駅」とアンテナショップを融合させたAS「家の駅」を全国3591カ所に創りアズ計画・新合掌村計画を推進させていきます。

それに先立ちまして、新・投資等価交換型クラウドファンディングのサイトを立ち上げて欲しいのです。

アズ計画/新合掌村計画を推進する運営本部は時代おくれのスマートハウス実行委員会AS「家の駅」運営者と本事業を支援する支援者を募集する専用サイトを立ち上げたくご依頼申し上げます。

アズ計画・新合掌村計画・サイトの本流

兵庫県170AS「家の駅」相互扶助ネットワーク構想・サイト-②

アズ 計画/新合掌村計画・サイトの支流

以上3部構成でひな型を作成しています。

サイトがアップされる前には下記のご案内で地域社会を盛り上げていきます。

③AS「家の駅」運営者と支援者を募集-

ここで言う処の新・投資等価交換型クラウドファンディングは、誰一人として経験した事のない新事業からして今までのクラウドファンディングの枠を遥かに超えた新しいタイプとなります。

「日本の家」が継続して建つ事が大前提とはなりますが支援金が等価交換されて換金されるという事は見方を変えれば元金が保証されるという事です(「日本の家」はHP「家の駅・姫路」で確認!」

更に支援金額10万円に対し「日本の家」が建築される毎に「営業店」となった支援者に15万円が報酬として得られる事からして、これを今までとは違う配当と見れば、まさに支援元金保証の上高配当が得られる前代未聞のノンリスクハイリターン新種の投資型クラウドファンディングであると言っても過言ではないと思うのですが、国民の皆様はどう思われるでしょうか。

誰一人として経験した事のない新事業であり新商売である事からして生半可な方法では世の中に広められません。奇抜で破天荒な遣り方とは思いますがご理解賜ります様お願い申し上げます。

3,591のプロジェクトがありますが、全体で5千万円を達成する都度30万円の手数料を支払うと云った取り決めで如何でしょうか。一応支援の期限は2020年3月31日ですが、支援金額に拘らず延長させます。サイト製作者は当サイト管理者とし製作費はサイト管理者が持つ事とする。但し、サイト製作費は後払いでも良いのであれば、当実行委員会は支払う事を厭いません

この案件はクラウドファンディングのサイトを運営しておられる事業者やホームページ制作会社だけが取り扱える代物ではなく、一般の事業者でもクラウドファンディングのサイトやホームページを作れるスタッフが居れば、もしくは委託先があれば受けて頂く事ができます。3,591のプロジェクトを達成したら10億7730万円を稼ぐ商売です。是非ご検討下さい。

時代おくれのスマートハウス実行委員会本部 代表 石田嘉生 連絡先/080-5365-1107

 

 

M&A事業のテーブルに上らない「実に稀な」事業譲渡

M&A業者はすぐに会社の規模は?売り上げは?実績は?と聞いてくる。

話をすると、その規模では内では扱えませんと断られてしまう。

要するに、既存の買い手がいない業種業態はテーブルにも上げて貰えないのです。

マニュアル通りの仕事しかやらないといった感じです。

事業の価値観、知的財産には目もくれないのです。

それも、全く見た事も、誰からも聞いた事もない事業なら尚更話を聞こうとしません。

誰一人として経験した事のない新事業には想像力を以ってしても理解し得ないのでしょう。

M&Aの仲介が本職なのに実に腹立たしく思います。

世の中に役立つ新事業「商売の具」のお披露目はいつになったら実現できるのでしょうか?

 

「商売の具」で“日本は一つになり”「経世済民」を成す

出版本「家つくりの習慣を変えた瞬間、日本は一つになる」のあとがきを紹介します。

肩ひじ張って何が何でも経世済民するぞ!では事がうまく運びません。

自然体で日常的でなければ波風が立ち上手くいきません。

 

「家つくり」を正す。
「人生コロシアム」は国民が知らず知らずの内に築き上げた育ての親だから、否定する事もないし、拒否する事も出来ない。
改革や変革を、拒む土壌であるならば、壊す事も出来ない。
この「人生コロシアム」とは波風を立てずに、丸く収めるには、対峙する事なく、家つくりの習慣を変える方法しかない。
その手段として「商売の具」を国民に捧げよう。
日本は一つになり、国民の手によって、国民の為に、国民の悲願でもある「経世済民」を成し遂げよう。

託された、国民曰く。
「日本の家」は何処でも売っている。
「日本の家」は何処でも買える。
「日本の家」は何処で買っても、地域相場の値段で安く建てられる。
ホント! 安心して、気兼ねなしに建てられる。
それだったら、サービスが行き届き、生涯面倒見てくれそうな、あの「営業店」で建てよう!
「営業店」さん、建て主様に、気に入って貰える「サービス合戦」頼みますよ!

 

どうですか!何処でも見られる日常的な経済活動で「経世済民」が粛々と達成されていくのです。

本質を見失った経済と経世済民

○分らないから繰り返し遣ってしまう・・・・・
しかしながら、政治家が政治で「経済」を立て直そうと“しゃにむに”税金を投入する。

とりわけ、喫緊の社会問題を解消する為「地方創生!」「地域活性化」「一億総活躍社会の
創生」「働き方改革」「女性活躍社会の創生」などなどテーマを並べ立て数千億という税金を地方行政にばら撒く政策は如何なものか!

地方自治体は貰った税金を消費する事に専念し、産官学の有識者を招聘、知恵を絞り長考の末、「英知の結晶」は小冊子となり倉庫の片隅に眠り続け、何時の日か投下された税金はシュレッダーの餌食となり破棄されるのです。

「経世済民」の本質を知らず、また商売を経験していない公人が既成概念や固定観念に縛られた知識を以って何度となく挑戦しても所詮、実体経済を動かせる筈がないのです。

「経世済民」は政治の力、要するに税金を投入するのではなく道徳的な商いにより世を直し、民衆を救う「商売道」即ち、提案する実証済みの「商売の具」で成すべきものなのです。

○日本の救世主になって下さい・・・・・
この様に政治(家)と経済(人)が癒着している以上真の経済(経世済民)は成し遂げられません。
ここに、三方良し(売り手良し、買い手良し、世間良し)を極めた検証済み「商売の具」による「経世済民」の具体的運用手段を国民の皆様に捧げたいと思います。

「商売の具」による「経世済民」は前述出版本「家つくりの習慣を変えた瞬間、日本は一つになる」に将来「政争の具」とも成り得る具体的な運用方法を網羅しております。

要するに、我が家を造る商売(商売の具)を通じて民衆が立ち上がり、民衆が共に行動を起こし、民衆の力で一大ムーブメントを誘発して世直しをする事で日本は救われるのです。

○「経世済民」に目覚めた事業主(経済人)様、日本で唯一選任されて、国民(民衆)が待ち望んでいる「商売の具」を世間に知らしめ運用する役目を担って頂けませんでしょうか!

 

「経世済民」の男達・石田梅岩/二宮尊徳/渋沢栄一

偉大な先人達の考えに学ぶ事とは・・・・・
●300年前の「石田梅岩」は利益だけ追求すると破たんを招くと「商売道」を説いた
●200年前の「二宮尊徳」は「道徳なき経済は罪悪である」と「経世済民」を説いた
●100年前の「渋沢栄一」は「道徳」と「経済」をどのように両立させるかをテーマに日本の経済を発展させ、真の「商売道」で「経世済民」を実践していた

ところが、現代の経済を司る政治家や経済人は、先人達が体現してきた「経世済民」の心を蔑にし、利益ばかりを追求して、その本懐を見失い「日本をダメ」にしてしまった。

そもそも、政治家は本来の経済でもある「経世済民」の4文字から民衆を見捨て、世の立て直しを見限って、政治と経済を分断し、経済は政治が司るものとした上で仮想現実的な「経済」の二文字に執着するあまり昨今の経済界は、政治と癒着し下請け的存在に成り下がり真の「商売道」を求める術を見失ってしまった。

いみじくも、政治家の小泉進次郎氏が「経済界は政治の下請けか!(経済界が)政治に左右されるなら日本にイノベーションは生まれない!」と公然と言ってのけたのには拍手喝采ものである。日本の「経済」は経済界が牽引しなければならないのは明々白々なのです。

先進の包括的イノベーションで「経世済民」

考えても見て下さい、知らなかった落とし穴・・・・・
大方の国民の皆様には気付いておられませんが、改めなければならない問題があるのです。
経済活動をひもとけば、社会で生活する上で衣・食・住が必要不可欠な要因とされています。

一つ目の「衣」に関しては豊かになった今、それほど問題にしなくても良いと思います。

二つ目の「食」に付いては、たまに外食や調理済み惣菜に頼る事があっても、誰からも制約される事なく自分達で自由に材料を調達して自由に料理して食べる事が出来ます。

三つ目の「住」に関しては皆さんどう考えますか? 自由に選択して何処かの住宅会社で建てるから問題ないと思っているのではないですか? それは違うと思います!我が家を自分達の意志で造れない不自由さがあるのです。自己責任で造る事が制約されているのです。

この様に、我が家つくりで、何処かの住宅会社を選択するように束縛され、建て主の意志の自由を奪われ、豊かな生活を実感できない社会に何の価値があるというのでしょうか?

ここでハッキリと言わせて頂かなければなりません。

社会生活上の諸問題、即ち諸悪の根源が今の「家つくり」に封印・隠蔽されているのです。

この、現代の「家つくり」にこそ目を向け「家つくり」そのものを解きほぐし国民の手に開放するため、持続性と破壊性を伴う包括的イノベーションを起こさないと「世の中を治め、人々を苦しみから救うこと」即ち「経世済民」はできません。