オフィシャルブログ

本質を見失った経済と経世済民

Share on Facebook
LINEで送る

○分らないから繰り返し遣ってしまう・・・・・
しかしながら、政治家が政治で「経済」を立て直そうと“しゃにむに”税金を投入する。

とりわけ、喫緊の社会問題を解消する為「地方創生!」「地域活性化」「一億総活躍社会の
創生」「働き方改革」「女性活躍社会の創生」などなどテーマを並べ立て数千億という税金を地方行政にばら撒く政策は如何なものか!

地方自治体は貰った税金を消費する事に専念し、産官学の有識者を招聘、知恵を絞り長考の末、「英知の結晶」は小冊子となり倉庫の片隅に眠り続け、何時の日か投下された税金はシュレッダーの餌食となり破棄されるのです。

「経世済民」の本質を知らず、また商売を経験していない公人が既成概念や固定観念に縛られた知識を以って何度となく挑戦しても所詮、実体経済を動かせる筈がないのです。

「経世済民」は政治の力、要するに税金を投入するのではなく道徳的な商いにより世を直し、民衆を救う「商売道」即ち、提案する実証済みの「商売の具」で成すべきものなのです。

○日本の救世主になって下さい・・・・・
この様に政治(家)と経済(人)が癒着している以上真の経済(経世済民)は成し遂げられません。
ここに、三方良し(売り手良し、買い手良し、世間良し)を極めた検証済み「商売の具」による「経世済民」の具体的運用手段を国民の皆様に捧げたいと思います。

「商売の具」による「経世済民」は前述出版本「家つくりの習慣を変えた瞬間、日本は一つになる」に将来「政争の具」とも成り得る具体的な運用方法を網羅しております。

要するに、我が家を造る商売(商売の具)を通じて民衆が立ち上がり、民衆が共に行動を起こし、民衆の力で一大ムーブメントを誘発して世直しをする事で日本は救われるのです。

○「経世済民」に目覚めた事業主(経済人)様、日本で唯一選任されて、国民(民衆)が待ち望んでいる「商売の具」を世間に知らしめ運用する役目を担って頂けませんでしょうか!