オフィシャルブログ

「商売の具」で“経世済民”を成し遂げる

Share on Facebook
LINEで送る

「商売の具」で“経世済民”を成し遂げる・・・これは・・・

・・・出版本「家つくりの習慣を変えた瞬間、日本は一つになる」第8章のテーマです。

1、「商売の具」は企業・事業者の経済活動そのものである

2、「商売の具」で日本を一つにする“事業提案”です

3、「日本の家」の販売権・事業継承のご案内

4、新産業創生事業で潜在需要を喚起し、継続した消費社会構造を確立する

5、家つくりの習慣を変える事で、皆様の建てた家が社会に貢献する

6、「商売の具」で税金の無駄遣いが止められる

7、「商売の具」で企業・事業者のCSR活動は一変する

8、「商売の具」で競争・競合社会を修復する

9、水平思考で一極集中・格差社会を是正する

10、家つくりの習慣を変える事で、既成概念が崩れ制度改革が進む

11、日本の若者・学生達に「商売の具」を捧げる

12、日本が一つになる瞬間とは!

何をエラそうなことを言っているのかとお叱りを受けそうですが、机上の理論ではありません、全て実践による裏付けがあります。

大学の教授や学識経験者が論文でも書けば信用もするでしょうが、一般人が実証してみても誰も取り合ってくれない。なんと理不尽な世の中なのでしょうか。

今こそ「経世済民」の重要性を唱える諸先生方がたくさん居られますが、総じて理屈や理論ばかりに終始しております。要するに机上の論理という類のものでしかありません。

だってそうでしょう。「経世済民」必要性を口にできるのは商売を経験してみて初めて言える事なのです。

空念仏の空砲ばかり放っても人の心に響かず行動には繋がりません商売によるところの売り手良し、買い手良し、世間良しの三方良しを実現させる商売の実弾が不可欠なのです

その商売の実弾が、実践実証された「商売の具」であるのです。

ですから、民衆が共に立ち上がる事!要するに、民衆が共に行動を起こし民衆の力で「経世済民」を成し遂げる商売道を極めた「商売の具」を世間に広く周知させなければならないのです。